社員インタビュー

最終工程を担う責任とやりがい。

組立調整課

森田康介

工場見学で惹かれた、モノづくりに取り組む姿。


大学で就職活動をはじめた頃、学校に届いていた求人案内の中で気になるものがありました。文系用の掲示板だったのですが、製造業での技術職を募集していたんです。興味を持ち工場見学を兼ねた説明会に参加をしてみたところ、黙々とモノづくりに取り組む姿を目にして、自分も作ることに挑戦してみたいと思い当社で働くことを決めました。入社以降は組立調整課に配属され、部品の最終工程に当たる仕上げの部分を担っています。具体的には、図面を見ながら部品を組み立て、最終的な製品に仕上げていく仕事です。また、組立をした後の精度の保証もしなければならないため、不具合等を発見した際は自ら加工を行い調整します。

お客様先で得られる達成感。


図面を見ながら部品を組み立ててはいくものの、全て図面通りに行えば良いかというと必ずしもそうではありません。各工程を経て形作られてきた部品が、当初の設計通りにぴったりと組み合わさるケースはむしろごく稀です。接続部分で干渉を起こしたりするため、図面からは読み取れない障壁に出会うたびに対処しなければなりません。最終工程を担っているからこそ、その前工程である溶接や加工の知識も求められるのが組立調整です。オールマイティさを求められるのは難しい部分ですが、だからこそ得られるやりがいもあります。例えば、お客様先で作業を行う際は、航空機を目の前にして自社製品の確認を行います。無事、最終確認が終わったときに感謝をしていただける喜びは、この職種ならではだと思いますね。

教えるのではなく、導く。

近年は、リーダーとしての役割も担うようになりました。組立調整の仕事は大きい部品を扱うことが多いため、グループによる作業が主です。そのため、チームのメンバーを選定したり、必要だと感じたチームにフォローとして入ったりしています。
人を管理する立場になってから思うのは、自分で考えられる人が伸びるということです。指示一つ受け取るにしても、どうしてそれを行うかを意識している人であれば次にどうするべきかが自ずと分かるようで、できることが着実に増えていく。だからこそ、質問を受けた際は「どうしてそう思ったの?」と、まず聞くようにしています。つまり、教えるというよりも、自らに気付いてもらうための手伝いをするという意識で、部下とは向き合うようにしています。

他の社員インタビュー