仕事紹介

技術営業(営業課)


大手重工のエキスパートエンジニアと肩を並べ一緒にモノづくりのお仕事の打ち合わせができる魅力的な技術営業職です。当社の製造する治工具は1点モノが多く、一つ一つの製品でお客様の要求も異なります。お客様より依頼のあった仕事に対し、コストや納期などを検討して見積もりを提出、受注活動を行います。技術的な相談については的確にアドバイスし、お客様のご要望にお応えします。社内では、生産中の製品の進捗具合や製品の仕上がり具合の確認などにも関わり、間違いのない製品をお客様へお届けするまでサポートします。会社の“顔”となり、お客様と社内の架け橋となる、とても重要なポジションです。売上ノルマや飛び込み営業はありません。

→営業課 / 中西峰のインタビューを見る

設計技術者(システム課)


お客様の構想に基づき3次元CADを用いて製品のモデリングおよび製造用図面を作成します。大手重工の担当者と製品の使い方や仕様について直接打ち合わせをするケースも多く、必要な情報のやり取りをしながら自社内で設計を進めます。自身で設計した製品が、社内の工場で目の前で出来上がっていく様子を見ることが出来ますので、良かった点・悪かった点がすぐにフィードバックされる環境が整っています。材料・製品・強度計算に関する幅広い知識が必要で、一人前になるには何年もかかる仕事ですが、日々の成長が実感でき、やりがいと誇りを持てる仕事です。

生産技術者(生産技術課)


お客様より受注した製品について、図面やCADデータをもとに、どのような材料からどういった工程で製造するかを豊富な経験と知識を用いて最善の工法を社内に提案し、各製造現場へ情報を提供、現場の技術者と調整をします。また、材料や購入品の発注から、加工パートナー企業様への作業依頼や加工方法指導、納期管理までトータルで携わります。すなわち、どうやって物を作るかを社内で決める肝心かなめの部門となります。そのため、高度なモノづくりにおける知識と的確な判断力、豊富な経験が必要となり、また、現場の技術者とのコミュニケーション力が問われます。生産部の司令塔となり、当社の“頭脳”ともいえるポジションです。

CAD/CAMシステム技術者(システム課)


CATIAv5などの3D-CADを駆使し、高度なモノづくりを支える機械加工を可能にするプログラムを現場に提供・供給します。 モノづくりの最上流工程であるため、迅速かつ確実なプログラム作成が求められます。上流である生産技術課と次工程の機械課と打ち合わせした加工方法を反映し、材料特性や加工工具の特徴・特性を盛り込んだNCプログラムを提供します。複雑な3次元形状などそのバリエーションは多岐にわたり、自分のアイデアを盛り込んで作成したプログラムで動く機械が大きな金属の塊から製品を削り出してゆく様を見たとき、自分のCADCAMオペレーション能力の高さを実感できることでしょう。

機械加工技術者(機械課)


最新の大型門型マシニングセンタを操作して金属の素材から製品を削り出し加工します。CAD・CAMプログラマーが供給したプログラムを活用し、刃物の選定、加工条件の設定、加工当日の温度、加工歪みなど、製品の加工に関わる全ての条件を検討します。コンピュータの世界では表現できない、金属が生き物であるかのような歪や膨張、変形を自身の経験とオペレーション技術で補います。それは、いわゆる匠の技!一点一点いかに事前に準備・段取りをするか、でき上がりをしっかりイメージして作業を進めていけるかが重要なキーとなります。まさにモノづくりの“現場”の醍醐味を存分に味わえるエキスパートにふさわしい仕事です。

→機械課 / 菰田啓介のインタビューを見る

溶接技術者 (溶接課)


溶接加工とは、放電による熱で金属を溶かし接合する加工です。航空機の治工具の製造には欠かせない技術要素の一つであり、知識や経験はもとより手先の器用さや勘やコツを伴うまさに匠の技でもあります。航空機産業で求められる溶接技術のレベルは非常に高く、各レベルに応じた技能認定試験をクリアした者のみ作業が許されます。そのため、技術者の技能レベルアップの支援を最大限に会社は支援しますので、安心してください。手に職をつけ活躍したい人には最高の仕事です。

→溶接課 / 佐野友耶のインタビューを見る

仕上加工技術者・組立調整技術者(仕上課・組立調整課)


機械加工された単品の加工物を、航空機の部品・治工具としての機能が発揮できるように仕上げ、組み付ける最終過程を担当します。必要に応じて製品の磨き、塗装、面取り、組付け・調整・測定など機械加工以外の作業を卓越したノウハウのもと、手作業で仕上げていきます。そのため、航空宇宙業界特有の特殊な工具の使い方から、担当する製品の使途目的に至るまで幅広い知識が必要となる専門性の高い仕事です。実際にお客様の工場に出かけて組付け・調整作業をすることもあるので、航空機を製造するラインを間近で見ながら作業することもしばしばです。飛行機好きにはたまらない仕事です。

→組立調整課 / 森田康介のインタビューを見る

品質保証技術者(品質保証課)


仕上がった製品がお客様の要求通りかを確認する仕事です。“三次元測定器”と呼ばれる特殊な機器での測定や、お客様へ提出する検査報告書の作成などに加え、万が一不具合が出た際のトラブルシュートや社内への周知活動、不具合を発生させない制度や仕組み作りなどが主な業務です。製造をする職場では、「品質は命」。よって、品質保証の仕事は当社の生命線となる業務であり、お客様の要求を満たせていない製品を社外に流出しない様防ぐ最後の砦となる重要な部署です。その他に、ISO審査の対応も受け持ちます。